白い歯

親知らずの抜歯なら

医療器具

親知らずの治療

乳歯から永久歯へと完全に歯が生え変わるのは、一般的に年齢にして15前後までとなっていますが、その数年後である10代の後半から20代の前半頃に掛けて生えてくることになるのが、奥歯の中で最奥に位置することになる親知らずです。この生える時期がずれ込むことにより、親に知られることなく生えてくる歯であるということが、その名の由来であるともされています。そんな親知らずは、傾いて生えてきてしまったり、歯茎の中に完全に埋伏していたり、先天性欠損としてそもそも生えてこないなどといったことも、しばしばある歯でもあります。そのため、正常に真っ直ぐ生えてこなかった場合には、これを抜歯してしまうのが一般的になっています。これは抜歯をしてしまうことで、親知らずが虫歯になってしまい、それが隣り合う歯や歯茎に悪影響を与えるリスクなどを避けるためです。こういった傾向は、今後もかわらず続けていく事が予想されています。

抜歯が難しい親知らず

斜めの状態で生えている親知らずに関しては、一般的な歯科医院でも特に問題なく抜歯をして貰うことができますが、完全に埋没している親知らずに関しては、口腔外科を掲げている歯科医院などでないと抜歯を断られることがあることは、覚えておくといいでしょう。大阪などの都市部であれば、近所の歯科医院に紹介状を書いてもらうことで、円滑に治療を受ける事ができます。最適な治療を行ってもらうため、術後の副作用を抱えてしまわないためにも、口腔外科を利用するのがオススメでもあります。また口腔外科を利用するにあたっては、大阪のような都市部において、多くの抜歯を手がけている歯科医院を選ぶのがオススメです。数多くの親知らずの抜歯を手がけている口腔外科を利用することで、万が一の可能性をより少なくできるためです。大阪のような都市部で探すのがオススメなのはもちろんのこと、口コミサイトを閲覧するなどして情報収集し、その大阪の中でも特に高評価の歯科医院に足を運ぶなどすると、より安心して治療にのぞめるでしょう。